FC2ブログ

東京ベーテルの森

東京ベーテルオフィシャルブログ

読売新聞デジタル版の取材記事

読売新聞取材記事読売新聞斎藤です。ごぶさたしております。昨年4月の取材では大変お世話に
なりました。古い記事になりますが、読売オンラインに転載されました。







http://www.yomiuri.co.jp/life/homeguide/news/20170125-OYT8T50101.html?from=yrank_ycont


別窓 | 「ホッとスペース」からのお便り
∧top | under∨

会報64号「ホッとスペースからのお便り」

会報64号「ホッとスペースからのおたより」
10月29日、(特)日本こどもソーシャルワーク協会理事長 寺田壽美子氏をお招きし、ベーテルひろば主催の講演会『子どもをとりまく状況と支援~生き辛さを抱えた親子の寄り添い方~』を開催しました。日頃ベーテルで活躍しているボランティアのみんなが集まり生まれた「葛西子どもの育ちをつなぐ会」との共同企画の公開講座です。寺田氏の熱い想いと冷静な対応から生まれた事例紹介に、ひきこもりや不登校について考えるターニングポイントになったとの感想が多く寄せられました。本人了解の元、いくつか掲載いたします(一部抜粋)。

*** 受講者の感想 ***

「引きこもる」=困った事だと認識していました。お話をうかがい「こもる」ことは、自分のことをふり返り再生していくこと。大事なことだとわかりました。                         50代女性

「受け止めることの大切さ!」をあらためて考えました。そして、受けとめてくれた両親や出会った全ての方々に感謝の気持ちが湧いてきました。大人が、子どもを、人が人を受けとめることのできる世の中(環境)を作っていきたいと思います。そのために、できることを行っていきたいと思います。            50代女性

虐待・不登校・いじめ・少年犯罪という生きづらさを抱えた子の問題について、一度にお話をきける機会はなかなかないので、参加してとてもよかったです。複雑にからみあっていることを、それぞれのケースは原因・背景はさまざまで、本当に難しい問題なのだと思いました。私の息子は幼児なのでこれからどんな壁にぶつかるかわからないですが、「受けとめる」ことを大事にしたいと思いました。                   40代女性

引きこもり不登校の子どもの見方が変わりました。子どもなりの悩み、子どもと同じ目線になって考えられるような親になりたいと思いました。子育ては一生だと思っています。何歳になっても間に合うと思いながら…愛情を注ぎ子育てしたいです。それによって子どもが親になる時に同じく子どもを愛してくれると信じて…40代女性


*** バザーのご報告 ***
11月20日、ベーテル恒例のチャリティーバザーが行われました!みなさまの支援に支えられ、今回も大勢の来場者を迎えることができました。ありがとうございます。



別窓 | 「ホッとスペース」からのお便り
∧top | under∨

会報61号「お便り」

引越しされたママさんからのお便りです!
お久しぶりです。皆様お元気でしょうか
大阪へ引越して、3年半がたちました。ベーテルさんでお世話になった陸も8歳2年生となり、すっかりお兄さん
になりました。いちばん下の隼がちょうどベーテルさんに通っていたころの陸くらいなのだと思うとしみじみなつ
かしく感じるこのごろです。戸惑いも多くあった初めての育児のころにベーテルさんで素晴らしい時間をすごさせ
ていただけたことが今の私の心の栄養となっているように思います。これからもたくさんのママさんたちの癒しの
場となるよう遠くからベーテルさんを応援させていただきますね。松田桃子
追伸 Today(今日)という詩を送ります。
もしかすると御存知かもしれませんが、ニュージーランドの子育て支援施設に伝わる作者不明の詩なのだそうで
すが、私もこの詩をよんで涙がとまらなかったです。
私はネットでこの詩を見つけたのですが、訳された詩が本になっていたので、是非ベーテルさんに置いていただ
きたくさんの子育てママさんの癒しとなればと思います。
Today(今日)
今日 わたしはお皿を洗わなかった  ベッドはぐちゃぐちゃ
浸けといたおむつは  だんだんくさくなってきた
きのうこぼした食べかすが   床の上からわたしを見ている
窓ガラスはよごれすぎてアートみたい   雨が降るまでこのままだと思う
人に見られたら   なんていわれるか
ひどいねえとか、今日一日、何をしていたの?とか
わたしは この子が眠るまで、 おっぱいをやっていた
わたしは、 この子が泣きやむまで、 ずっとだっこしていた
わたしは、この子とかくれんぼしてた
わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした  それはきゅうっと鳴った
わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった
わたしは、この子に、していいことと わるいことを、教えた
ほんとうにいった一日  何をしていたのかな
たいしたことはしなかったね、たぶん、それはほんと
でもこう考えれば、いいんじゃない?
今日一日、わたしは
澄んだ目をした、髪のふわふわな、この子のために
すごく大切なことをしていたんだって
そしてもし、そっちのほうがほんとなら、わたしはちゃーんとやったわけだ

別窓 | 「ホッとスペース」からのお便り
∧top | under∨

会報59号

会報59号からのお便り
★ 育児と就職活動 ★
私は、出産を機に退職しましたが、産む前から早めに仕事復帰をしたいと考えていました。しかし、いざ就職活動を試みたところ、保育園はどうしようか、面接の間、子どもはどうしたらいいのか、保育園が決まっても仕事が決まらなかったらどうしようか、・・・・など不安になるばかりでした。
まずは、保育園が決まらないことには何もできないので、0歳児で空きのある認証保育園を探し、半年後から預けることに決まりました。
次に仕事探し、運良く、興味のある求人を見つけ応募。面接日まで少し時間がありました。
面接日に子どもを預かってもらえるところを探さなくては、0歳児でも見てもらえる施設を探しましたが、
認可外保育園は費用面でハードルが高く、悩みました。
そもそも認可保育園では0歳児を預かってくれません。
そんな時に、べーテルひろばに電話で、「0歳児でも一時預かりはできますか?」と尋ねてみると、
「大丈夫ですよ。どんなことでも協力しますよ。」と優しいお言葉で快く受け入れてくださいました。
他へ預けた経験がなかったため初めは不安でしたが、面接までの間、べーテルひろばにたくさん遊びに通い、
職員の方々や他のお母さん方にも遊んで頂き、私から離れて楽しそうにしている子どもの様子を見て、
これなら安心して預けられると不安がなくなりました。
面接当日は、子どもは機嫌良く、とても落ち着いて過ごせたようです。
きっと子どもにも、大丈夫だという安心感が感じられたのだと思います。
私も安心して面接に臨めました。お陰様で無事に仕事も決まり、子どもは現在、頑張って保育園へ通っています。
べーテルひろばには本当にお世話になり、感謝しています。
ありがとうございました。(記 阿部友佳里)

別窓 | 「ホッとスペース」からのお便り
∧top | under∨

ホッとスペースからのお便り58号

ホッとスペース 会報58号

ベーテルとの出会い ★
ベーテルに初めて遊びに来たのは、息子がちょうどつかまり立ちを始めた頃でした。
赤ちゃんと一緒の毎日は、話しかけても一方通行。
気づけば今日はまともに 人と話してないと、夜になって気づくことも多々ありました。
息子と"2人"のはずなのに時々妙に孤独。
無性に誰かと話しがしたくなって、そんな時にいつも の顔ぶれで迎えてくれるベーテルには、
駆け込み寺のように何度も助けてもらってきました。
個々で来ているママさんも多く、広すぎない部屋がちょうどいい距 離感で、
子育てや地域の情報交換等他愛のない話しをするだけで、どれだけ私のリフレッシュになったことか。
地元の友人が、赤ちゃんと毎日することがなくて 辛いと涙していた時は、
ベーテルのようなところが友人の住む近くにもあればいいのにと強く思いました。
イベントも豊富で気軽に参加できるのが魅力ですが、
以前にスタッフの方が、このイベントはママ達がちょっと 参加して楽しめる程度に難しすぎず、それでいて達成感が
あってというのをきちんと考えてあるというお話しをされていて、なるほどなと感心しました。私もこの春から
英語の手遊びをいつもの手遊びの最後に付け加えてやらせていただいています。
無資格 無経験なので、でしゃばって申し訳ないかなという気持ちがあったのですが、
「ベーテルでは資格は関係ないのよ。
ママのやる気でどんどん挑戦してちょうだ い。」という森木さんの言葉に背中を押してもらって、手遊びの時間を少し頂いています。子供だけじゃなく、私まで成長させてもらっているベーテルは、葛西 に住んでいて本当によかったと思える大切な場所です。
(記 今井朝子)

★ 「私とベーテルの出会い」 ★
私が一番最初にベーテルを訪れたのは2年前の11月のバザーの時でした。
地域情報誌の「アエルデ」を読みここの存在を知りました。
当時、妊娠6ヶ月だったので、マタ二ティーコーナーで色々と買って帰りました。それから数ヶ月後、
出産後に行くであろう子育て広場をちょっと自分の目で見てみようと思い、
まずは葛西健康サポートセンターの子育て広場に行きました。翌月にベーテルに見学に行きました。
べーテルに来て、部屋で座っていると「あー・・・なんだかほっとするなっ!」と感じた雪の降る帰り道でした。
何だか気持ちがポカポカしたのを今でも覚えています。
2月中旬に娘が帝王切開で産まれて里帰りが終わった5月中旬(生後2ヶ月半)に再びべーテルに行きました。
職員の方々や他のママさんやお兄ちゃんお姉ちゃんにかわいがって頂き、とても嬉しく思いました。
その後、べーテルが移転したとの情報を「アエルデ」で知り、9月の行き初めは一人で電動自転車に乗って
娘を背中におんぶしていくのが怖くて、イトーヨーカドー行きのバスに乗ってべーテルまで来てました。
去年の冬ぐらいに電動自転車に乗る自信もつき、多い時では週3回べーテルに通うようになりました。
以前、保育士として働いていましたが、育児をするのは初めてで戸惑うことが多くてとても不安でしたが、
いつも子育て経験のある職員の方々に相談にのって頂き、すごく助かっています。
色々と良くして頂いているので今度は私が何かしなくてはと勝手に思い、
他の子育て広場や道端で出会った人にべーテルひろばのことを教えています。
たぶん来ない人もいるかもしれませんが、「こういう広場があるんだ!」と知る一つのきっかけになってくれればと思っています。
べーテルでは、お誕生日会やクリスマス会など毎月様々な行事があり、とても楽しいです。
娘も、1歳3ヶ月になりまだ歩きませんが活発にハイハイをし、たくさんおしゃべりをするようになり、おもしろくなってきました。
これからもおせっかいな私と娘をよろしくお願い致します。
今後も、広報活動がんばります。(記 小林万里恵)


別窓 | 「ホッとスペース」からのお便り
∧top | under∨
BACK | 東京ベーテルの森 | NEXT