東京ベーテルの森

東京ベーテルオフィシャルブログ

会報65号

*** ベーテルひろばに支えられた1年 ***

 私が初めてベーテル広場を訪れたのは、二人目が生まれる直前でした。今思うと、二人育児への不安もあり、それまで通っていたひろばとは違う"安心できる場所"を探していたような気がします。
その日の帰り際、森木さんから「赤ちゃんが生まれたらまた来てね。ベビーラックもあるから赤ちゃんを寝かせられるし、その間お兄ちゃんとゆっくり遊べるから。」と言われ、妹が生まれることで上の子に寂しい思いをさせたくないと思っていた私は、その言葉で安心したのを覚えています。それからと言うもの、ベーテルひろばに行くたびに「じいじ」が下の子をいつも面倒見てくれ、私は長男と向き合って関わることができ、家ではやりたいと思っていてもなかなか実行できなかったので、いつもありがたい想いでいっぱいでした。またベーテルひろばは、他のママたちとの距離感が近く、皆で子どもを見る雰囲気があります。私は、つい口うるさく言ってしまう方なので、子どもに注意した後に反省することもあるのですが、そのたびに息子に「一緒に遊ぼう」と声をかけフォローしてくれるママもいて、毎回救われる思いがしています。そういった他のママとの距離感も居心地が良く、また自分の子を可愛がってくれる人がいることが安心感につながり、ベーテルひろばに足を運んでしまうのだと思います。森木さんの書籍も拝読させて頂き、ベーテルひろばの立ち上げの経緯や思いを知り、ご自身の経験からママたちの居場所を作ることで、子どもたちにも良い影響につながる、と尽力されたことに尊敬と感謝の気持ちいっぱいです。実際に、私自身がこの1年、二人育児は大変なことも多い中「ベーテルひろばがある」ということが心の支えになっていたように思います。森木さんに子育ての相談に乗ってもらったり、ママたちとの何気ない話が溜め込みがちなものを無意識のうちに発散できていたのだと思います。またベーテルひろばにずっと続けて行きたい。お友達もでき、子どもも「ベーテル行く~」と毎日のように言い、この一年ベーテルひろばは、私と子どもにとってなくてはならない場所でした。 4月からは仕事復帰。今までのようには通えなくなりますが、時々顔を出して、何気ないお話をして仕事や子育ての息抜きをさせてください。1年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。(記 吉村 恵)
スポンサーサイト

別窓 | 「ホッとスペース」からのお便り
∧top | under∨
| 東京ベーテルの森 |