東京ベーテルの森

東京ベーテルオフィシャルブログ

Vol31号 「タイムアウト」を使って子どもを落ち着かせる

● 「タイムアウト」とは子どもを周りの人から離して短い間ひとりにさせることです。

● 「タイムアウト」はやってはいけないことを子どもが続けてするときに役立ちます。

● 「タイムアウト」を与えることによって、子どもにもあなたにも落ち着く時間が得られます。

子どもが注意してもまだその行動を続けるときは、子どもにこれから「タイムアウト」にすると言って、 どうして「タイムアウト」になるのか話します。 それから、子どもを安全で静かな場所に穏やかに連れて行きます。 落ち着くまでそこに居るように説明しましょう。子どもと言い争ってはいけません。 これからどうなるのかだけ伝えて子どもをひとりにします。 子どもが落ち着いたら1-2分間(これ以上長くはしない)そのままひとりにさせておき、 その後は家族や友達のいる場所に戻らせます。逆にその問題行動に集中してしまうで、 その行動について話したり、叱りとばしたりすることは避けます。
スポンサーサイト

別窓 | 子供と育つヒント
∧top | under∨
| 東京ベーテルの森 |