FC2ブログ

東京ベーテルの森

東京ベーテルオフィシャルブログ

Vol30号 子どもに選択肢を与える

例えば「りんごを食べる?」と聞く代わりに、「バナナとりんごのどちらを食べる?」などと 子どもに選ばせるようにする。そうすることによって、子どもが自分で選択したと感じ、 「いや」と言うことが少なくなくなります。「いや」というのはこの年頃の子どもにはよくある返事です。 小さい時から自分の意思を伝え、自分で決めたという感情体験の積み重ねがやがて自立心を芽生えさせてくれます。

スポンサーサイト

別窓 | 子供と育つヒント
∧top | under∨
| 東京ベーテルの森 |