FC2ブログ

東京ベーテルの森

東京ベーテルオフィシャルブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

会報54号からのお便り


☆子どもの成長を共に喜んでくれる強い味方☆
「いらっしゃーい」小さな玄関の向こうに見えるあたたかい笑顔。実家の遠い私にとって、東京のもう一つの家に帰った気持ちになる瞬間です。ベーテルとの出会いは当時2才の長男を連れて葛西に引っ越してきた時。長男はマルチのアレルギー体質に加え、身体や言葉にも発達の遅れがあり、私は初めての子育てで
常に心配と悩みを抱えていました。さらに知り合いのいない新しい土地での生活の中で、知らず知らずのうちにストレスをためていたのかもしれません。何度かベーテルに遊びに行くうち、ある日、何気なく始まった森木さんとの会話。話を聞いてもらううちに心にたまったいろんな思いがあふれ出て、気づくとボロボロと涙がこぼれていたのでした。あれから5年。子どもも3人に増え、変わらず、ベーテルは私と子どもたちにとって居心地の良い場所であり続けています。日々の疲労や無理がたたったのか私が難聴になった時には治療院を紹介してくださったり、長男が緊急入院した時には、下の子たちを快く預かってもらったり・・・。長女は泣いて機嫌の悪いときも「じゃあ、ベーテルに行こうか?」の一言で機嫌を直します。頼れる場所があることは本当に強い味方です。振り返ってみると、子育て中は、様々なことが起き、心配は尽きることがありませんが、一つ一つ子どもの成長が解決していってくれるんだと感じています。「お兄ちゃんの学校はどう?」「良かったね!なっちゃん成長したじゃない!」そんな風に話せるのは、共に我が子のように子どもたちの成長を見守って下さる人たちいるベーテルならです。そこに行くと日々の忙しさからいったん解放され、親も子も優しい気持ちで楽しいひと時を過ごすことができます。 (記 山本愛弓)

strong>☆繋がって、支え合って・・・いつでも明るく迎えてくれる大切な場所☆strong少し大きい文字小さい文字 私は娘が生まれるまで地域の繋がりなど無縁な生活をしていました。娘が生まれてからもそれは変わることもなく月日が過ぎていきました。
そして娘が8カ月のころ、離乳食もなかなか進まず、成長はゆっくりで育児書通りにはいかないことに悩んでいました。夫や実母に悩みは聞いてもらってはいたけど、昼間娘と二人っきりで過ごすだけの日々に“これでいいのかしら?”と感じるようになっていました。
そんな時、なぜ今まで気がつかなかったのか!散歩の途中にベーテルの看板を発見。インターネットで大体の様子を確認して、次の日に緊張しながらベーテルのインターホンを鳴らしました。「はーい、どうぞ」と明るい声。いっきに緊張がほぐれたのを覚えています。第一印象は家庭的な雰囲気でスタッフの方々も、ベーテルに来ている親子のみなさんも、和やかに楽しんでいる姿でした。ここなら私も娘も楽しめるかもと思いました。
ベーテルに馴染むのに時間がかかった娘(30分位座ったきり固まって動かなかったり)をスタッフやボランティアの方々がいつもニコニコ明るく接していただき、今では自分の家かのように楽しく遊べるようになりました。私の方もベーテルで出会ったお母さん達との適度な距離感が、また居心地が良かったです。ベーテルのイベントも楽しく参加させていただき大切な思い出です。
ベーテルに出会えたことは私の心に少しずつ余裕を持たせてくれました。「私たち親子を知ってくれている、
見守ってくれている人がいる」とゆう安心感が育児の悩みを抱え込まないようにできたのかなと今は思います。家族以外の人と接することで、私も娘も成長出来たと思います。 (記 佐藤明子)
スポンサーサイト
別窓 | 「ホッとスペース」からのお便り
∧top | under∨
| 東京ベーテルの森 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。