FC2ブログ

東京ベーテルの森

東京ベーテルオフィシャルブログ

ホッとスペースのお便り

会報53号(2014年1月 冬号)

★ ホッとスペース便り ★
昨年12月に恒例のクリスマス会を開催いたしました。私たちスタッフはボランティアして下さった方
一人一人に対して、長い時間をかけて育まれたベーテルの宝物のように思いました。
小学校5年生からボランティアに来ていて、高校生になった今も、学校の帰りにふらりと立ち寄り世間話をして帰るほのかちゃんは、当日エプロンを付けたお母さんとランチ作りに励んでくれました。始めて参加されたお母さんは、「娘は家でもベーテルで話したことを報告してくれます」とにこやかに話されました。
やはり高校生のめいちゃんは、ベーテルで13年前に「小学生のおやつ作り」を行なっていた頃に小学生のお姉さんについて5歳で時々参加していて、今回は得意のクラリネットを演奏してくれました。夏休みには姉妹でボランティアをしてくれています。
紙面の関係で今回はお二人のみの紹介になりましたが、他の方も一人一人がベーテルの15年の歴史につながるのです。このような方々に支えられてベーテルが今日あることを心から感謝しています。
次に年に2回開催しています「チャリティーバザー」の様子をご紹介します。回を増すごとに地域に根ざし、楽しみにされるお客様からは「次回はいつになりますか?」と声がかかるようになりました。
毎回、タウン誌の方が取材くださり、ホットな取材記事に仕上がっています。タウン誌を見て品物を寄付くださる方、値付けを手伝ってくださる方、当日盛り上げてくださるお客様と、実にたくさんの方のサポートを受けて毎回ワクワクするバザーを続けることが出来ています。バザーの売上でずっと欲しかったオモチャやキッチンの道具を買うことが出来、歓声を上げています。
バザーの後はいつもフリーマーケットにも出店しています。こちらも主催者の方のご好意で広い場所を提供してもらっています。このようにベーテルの活動の陰にはいくつもの温かい支援があります。
今年も参加する人たちに寄り添い、助けられながら歩む東京ベーテルにみなさまの協力とご支援をよろしくお願い致します。 (記 森木美佐子)  
★ アットホームな一時預かり ★
私は、週に1回用事があり、次男(現在1歳5カ月)をベーテルさんに預けています。
ベーテルさんに預ける前は、認証保育園の一時保育に預けていました。保育士の方は親切で、給食もあり、
親としては満足していましたが、まだ幼い次男は泣いていることが多く、預けるたびに胸が痛くなりました。
認証保育園に週1しか通わない我が子は、なかなか馴染めないな・・・集団で何かをするよりその子らしく過ごせるアットホームで家庭的な一時預かりをしてくれるところがあればなぁ・・・と考えていたところ、ベーテルさんに出会いました。
とはいえ最初の頃はベーテルさんに預ける時も泣いたり、ずっと抱っこをせがんだりと、落ち着かないようでした。
2か月が過ぎたころから、少しずつ落ち着いて遊べるようになりました。
今では泣かずに預けられるようになり、ほかのお子さんや、ママさんとも遊び、一時預かりを楽しんでいます。なにより次男にとって、普段通りに過ごせるのが楽しいらしく、生き生きしていますし、私も安心です。

ベーテルさんと認証保育園とで、私が楽しみにしていることがあります。両者とも預かりの様子を紙に書いて、お迎えの時に渡してくれます。
さらにベーテルさんは預かりの様子を直接母親に報告してくれます。「今日はこんなことをしましたよ」「新しくこんなことができますよ」と具体的な内容を詳しく話してくれます。
 まるで我が子のように嬉しそうに話してくれ、親が発見していなかったことにも気付け、毎回、話を聞くのが楽しみです。 お迎えに行ってその後はおやつを食べたり、「ひろば」で遊んだりしてから帰ります。
  (記 藤咲友恵)
★ 一時預かりは、私たち親子のストレス解消法! ★ 
ベーテルさんとの出会い
私が初めて東京ベーテルさんにお邪魔したのは、息子が6ヶ月の頃でした。
よく「ベーテルひろば」に遊びに行き、雰囲気にも慣れ、スタッフの皆さまには家族のように接してもらっており、一時預かりを頻繁に利用しています。
我が家での親子の生活
現在自宅で仕事をしているのですが、子どもというのはおかしなもので、仕事をしていると親の気を引こうとイタズラをしてくるんですね。子どものイタズラで私はイライラ、子どもも夜泣きがひどくなり、ストレスが溜まっているのだと思いました。
遠い実家と東京の実家?
私の実家も主人の実家も遠いため、2人で懸命に仕事と育児をしてきましたが、ある時イライラが爆発してしまい、思い切って息子をベーテルさんに預けてみました。
「ママから離れて大丈夫かしら」と心配の気持ちもありましたが、息子と離れた瞬間、肩の荷がスッと軽くなった事を覚えています。
息子を預けている間は「今は何しているかな」「泣いてないかな」「楽しく遊んでいるかな」と息子を想うばかり。お迎えに行く時は、預けに行った時の思い足取りとは違い、「早く息子に会いたい」と足早に向かうようになりました。
一時預かり中のベーテルでの志優の様子
預けている最中の子どもの様子は、スタッフの皆さまが細かく報告書に記載してくださいます。オムツを交換した時間、お昼を食べた時間と食べた分量、お昼寝をした時間や寝かしつけの方法、ひろばでの様子など。
その報告書を見て、スタッフさんへの信頼が芽生え、ここは安心して預けられる!と思いました。
一時預かりでストレス解消
一時預かりをすることで、私は息子を気にせずに仕事がはかどり、息子はのびのびと遊び、一時酷かった夜泣きも無くなりました。
“一時預かり”は私たち親子にとって、一番のストレス解消法です。
育児は楽しい半面、ストレスもかかりますよね。自分の時間は欲しいけど、預ける所は無いし、大切な子どもを預けてもし万が一の事があったらと不安に思っているママもいらっしゃることでしょう。そんなママに私の体験が参考になればと思い書いてみました。
大都会東京に、このようなアットホームで温かみのある場所があって、本当に良かったと心から思っています。 (記 後藤祐希)
★ 一時預かりは、私たち親子のストレス解消法! ★ 
ベーテルさんとの出会い
私が初めて東京ベーテルさんにお邪魔したのは、息子が6ヶ月の頃でした。
よく「ベーテルひろば」に遊びに行き、雰囲気にも慣れ、スタッフの皆さまには家族のように接してもらっており、一時預かりを頻繁に利用しています。
我が家での親子の生活
現在自宅で仕事をしているのですが、子どもというのはおかしなもので、仕事をしていると親の気を引こうとイタズラをしてくるんですね。子どものイタズラで私はイライラ、子どもも夜泣きがひどくなり、ストレスが溜まっているのだと思いました。
遠い実家と東京の実家?
私の実家も主人の実家も遠いため、2人で懸命に仕事と育児をしてきましたが、ある時イライラが爆発してしまい、思い切って息子をベーテルさんに預けてみました。
「ママから離れて大丈夫かしら」と心配の気持ちもありましたが、息子と離れた瞬間、肩の荷がスッと軽くなった事を覚えています。
息子を預けている間は「今は何しているかな」「泣いてないかな」「楽しく遊んでいるかな」と息子を想うばかり。お迎えに行く時は、預けに行った時の思い足取りとは違い、「早く息子に会いたい」と足早に向かうようになりました。
一時預かり中のベーテルでの志優の様子
預けている最中の子どもの様子は、スタッフの皆さまが細かく報告書に記載してくださいます。オムツを交換した時間、お昼を食べた時間と食べた分量、お昼寝をした時間や寝かしつけの方法、ひろばでの様子など。
その報告書を見て、スタッフさんへの信頼が芽生え、ここは安心して預けられる!と思いました。
一時預かりでストレス解消
一時預かりをすることで、私は息子を気にせずに仕事がはかどり、息子はのびのびと遊び、一時酷かった夜泣きも無くなりました。
“一時預かり”は私たち親子にとって、一番のストレス解消法です。
育児は楽しい半面、ストレスもかかりますよね。自分の時間は欲しいけど、預ける所は無いし、大切な子どもを預けてもし万が一の事があったらと不安に思っているママもいらっしゃることでしょう。そんなママに私の体験が参考になればと思い書いてみました。
大都会東京に、このようなアットホームで温かみのある場所があって、本当に良かったと心から思っています。 (記 後藤祐希)
★ 一時預かりは、私たち親子のストレス解消法! ★ 
ベーテルさんとの出会い
私が初めて東京ベーテルさんにお邪魔したのは、息子が6ヶ月の頃でした。
よく「ベーテルひろば」に遊びに行き、雰囲気にも慣れ、スタッフの皆さまには家族のように接してもらっており、一時預かりを頻繁に利用しています。
我が家での親子の生活
現在自宅で仕事をしているのですが、子どもというのはおかしなもので、仕事をしていると親の気を引こうとイタズラをしてくるんですね。子どものイタズラで私はイライラ、子どもも夜泣きがひどくなり、ストレスが溜まっているのだと思いました。
遠い実家と東京の実家?
私の実家も主人の実家も遠いため、2人で懸命に仕事と育児をしてきましたが、ある時イライラが爆発してしまい、思い切って息子をベーテルさんに預けてみました。
「ママから離れて大丈夫かしら」と心配の気持ちもありましたが、息子と離れた瞬間、肩の荷がスッと軽くなった事を覚えています。
息子を預けている間は「今は何しているかな」「泣いてないかな」「楽しく遊んでいるかな」と息子を想うばかり。お迎えに行く時は、預けに行った時の思い足取りとは違い、「早く息子に会いたい」と足早に向かうようになりました。
一時預かり中のベーテルでの志優の様子
預けている最中の子どもの様子は、スタッフの皆さまが細かく報告書に記載してくださいます。オムツを交換した時間、お昼を食べた時間と食べた分量、お昼寝をした時間や寝かしつけの方法、ひろばでの様子など。
その報告書を見て、スタッフさんへの信頼が芽生え、ここは安心して預けられる!と思いました。
一時預かりでストレス解消
一時預かりをすることで、私は息子を気にせずに仕事がはかどり、息子はのびのびと遊び、一時酷かった夜泣きも無くなりました。
“一時預かり”は私たち親子にとって、一番のストレス解消法です。
育児は楽しい半面、ストレスもかかりますよね。自分の時間は欲しいけど、預ける所は無いし、大切な子どもを預けてもし万が一の事があったらと不安に思っているママもいらっしゃることでしょう。そんなママに私の体験が参考になればと思い書いてみました。
大都会東京に、このようなアットホームで温かみのある場所があって、本当に良かったと心から思っています。 (記 後藤祐希)
スポンサーサイト

別窓 | 「ホッとスペース」からのお便り
∧top | under∨
| 東京ベーテルの森 |