東京ベーテルの森

東京ベーテルオフィシャルブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ホッとスペース便りVol 38
今年もみんなで心待ちにしていた、河村先生を囲んでのベーテル講座を開催いたしました。終了後の個別の質問時間は今回も又、熱気のこもった暖かい時間となりました。毎回、終了後は参加したお母さん達から口々に感想が語られます。
それは「保育園の園長さんとして長い経験のある河村先生の子育ての話は、自らの苦労や失敗も自然に出てくるのでホッとする」というものです。そうなのです。子育てに為になると言われるテキストが世の中に氾濫している中で、河村先生の体験から語られる話は新鮮で、みんなの抱えているしんどさを包み込むようなやさしさをみんなは感じているようです。今、あふれるような情報の中からどの部分を自分がチョイスするかにとまどいを感じている人もいるでしよう。又、せっかく選択しても育児書通りにいかないことに悩んでいる方もおられるでしよう。
私達がちょっと疲れているときに、元気でバリバリ活躍している人が元気をくれるとは限らないのです。「私もそうだったよ」とそっと共感してくれる温もりは毎日の生活にエネルギーを注いでくれることがあります。先生の口から出るエピソードは、誰でも出っくわしそうな、どこにでも身近に体験しそうな内容です.しかし、それに向けての取り組みは深い愛情と学びが土台にあることをお母さん達は同時に察しているからこそ、もっと語り合いたいと毎回思うのでしよう。子育ての大先輩から子育て最中のお母さんに、「それでいいのですよ」とエールを送られているかのように私は毎年実感しています。
感想文の中から下記に一部を紹介します。
『子どもの発達に関しての知識的なことより実際の現場で起こった内容のお話の中から発達的なことが聞けてよかったです。本に書いてある事を読んでいると「本に書いてある通りでなくてはいけない」とか、「本に書いてあるようにできないと自分がダメ」みたいに感じて萎縮してしまうのですが、先生のように様々なケースをとりあげて失敗したお話や困難だったことをお聞きするとホッとし、「自分もこれでいいんだ」という気にさせていただけることが本当にありがたく感じました。』
 記 森木美佐子
スポンサーサイト

別窓 | 「ホッとスペース」からのお便り
∧top | under∨
| 東京ベーテルの森 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。