東京ベーテルの森

東京ベーテルオフィシャルブログ

Vol30号 お便り

8月に「ベーテルひろば」を新しい場所で始めてから半年が経ちました。秋になって子育て支援マップやベーテルのホームページを見て新しい人も次々訪ねて来られます。昨年から来ている人たちはベーテルひろばの家風(?)になじんでおり、新しく訪ねてきた人にこの地域で生活をするための「お助け」情報を親切に教えています。皮膚科や小児科やショッピングの情報は転居してきた人には直ぐに役立つ情報です。場所は変わっても「ベーテルひろば」の雰囲気は以前のままです。夏に人気だったプールの場所は秋からは小さな砂場になり、子供達の楽しい遊び場所になっています。子供達は本当に外遊びが好きなのだと思って陽だまりで遊ぶ様子を見ています。室内でお気に入りのおもちゃでどんなに楽しく遊んでいても、一日に一回は外でしっかりと遊んでからお家に帰りたそうです。前号でもおしらせを致しましたが、大家さんのご好意で外周りにも手を加えることが出来て今日あることを、心より感謝しております。ベーテルの伝統になりつつある「特技披露」はますます盛んになり、ベーテルひろばに来るみなさんの生活に彩りを添えているように感じています。自分の得意な事を何気なく自然体で披露できる温かい環境に感激することがしばしばです。この冬は指編みのマフラーが「ひろば」でブームになりました。字の示す通りに毛糸と指だけを使って簡単にマフラーを作れるのです。子どもがそばで遊んでいても危なくないし、一時間もあれば完成するので、講師のママはアンコールに3回も応えてくれました。特別な道具を用意しなくても出きる「カステラ」も大人気でした。これも「ひろば」に来るお母さんが講師になって教えてくれました。 このように教えたり、教わったりが日常的に定着しているおかげで、普段ちょっと困っていることでも助けたり、助けられたりがひろば内のお母さん同士で上手く還流しているように思います。希薄になった地域社会の再生が盛んにいわれておりますが、「ベーテルひろば」の場合、「ひろば」内でお母さん達自身が豊かな人間関係を作りあげているように私は思い、見守っています。最後になりましたが、ベーテルのホームページがリニューアルオープンしました。2000年にホームページを開設して依頼、小修正は何回かしてきましたが、大幅な更新はなかなか行えなかったのですが、このたび「ひろば」にも度々遊びに来られたお父さんが最新のホームページを作って下さいました。今年になって、ホームページを見てひろばに来る方が増えています。(記 森木美佐子) 

スポンサーサイト

別窓 | 「ホッとスペース」からのお便り
∧top | under∨
| 東京ベーテルの森 |