東京ベーテルの森

東京ベーテルオフィシャルブログ

Vol24号 お便り

東京ベーテルでは新年度より新しいスタッフが加わり、ますます充実した活動を展開しております。狭いスペースにたくさんの人が集い、もう少し広い空間を準備できれば…と常々思う日々なのですが、ここに至り改めて「ひろば」は「場所」ではなく、「人」によって作られていくものであると確信しております。そして何事にも築いてきた歴史があり、現在があるとゆう事です。これまで真摯に歩んできたスタッフが今のベーテルの基礎を築いてくださり、今こうして新メンバーと共に新しいページを刻む事ができるのです。
さて、現在「ひろば」では益々お母さんの特技披露の風潮が定着をしてきています。
月間予定表に新にプログラムが増えていますが、全部自前の講師で埋められていきます。
将来自分の特技で各種教室を開く夢をもっている方、またはボランティアの夢を手身近な所からと思っている方、とその想いは様々ですが、今人との繋がりを生み出す波が、「ベーテルひろば」から確実に広がろうとしています。
こうしたさざ波はお母さんたちのみでなく、お父さんたちからも芽生えています。土曜日の「コミュニティサロン」に参加するお母さんに代わり、保育担当としてお父さんが、「ベーテルひろば」に集まって子どもと遊んでいます。子どもたちとお父さんたちの遊びが、自然と広がっているのです。こちらも今後が非常に楽しみです。
最後に、半年、一年前にベーテルに遊びに来ておられたお母さんが、子育ての相談等で、再び「ベーテル」を思い出して訪ねてこられる事があります。そうしたお母さんの姿に、スタッフ一同ますます精一杯お応えしたいと、想いを一致させております。
(記 森木美佐子)


スポンサーサイト

別窓 | 「ホッとスペース」からのお便り
∧top | under∨
| 東京ベーテルの森 |